企画展 Exhibition

  • 開催中・開催予定の企画展
  • 過去の企画展


関雪と印象

白沙村荘秋季特別展「関雪と印象」

 

大正・昭和期の京都画壇で活躍した二人の画家たちの展覧会「関雪と印象」展を、京都府立堂本印象美術館と共催で開催いたします。2016年に開催した「関雪と桂華」展に引き続く、京都画壇シリーズの第2回目です。

神戸に生まれた橋本関雪(1883-1945)は、東京画壇在籍後、京都に移り大正期の京都画壇において活動しました。四条派の写実的な動物の描写を取り入れた新南画、新古典と呼ばれる絵画を文展や帝展で次々と発表しました。京都に生まれた堂本印象(1891-1975)は、西陣織の図案描きに従事した後、日本画家を志します。帝展や日展で出品を重ねながら、社寺の障壁画も多く制作し、戦後には社会風俗画や抽象画へと表現の変化を遂げました。

関雪と印象は、大正15(1926)年に西村五雲・西山翠嶂・福田平八郎・菊池契月らと結成した「六合会」をはじめとして、岩崎家の依頼した5人の東西画家による献上屏風を共に制作するなど、様々なストーリーを共有する画家同士でした。今回は、白沙村荘 橋本関雪記念館の3室それぞれに半分ずつ両者の作品を展示して比較鑑賞を行います。ご高覧下されば幸甚に存じます。

 

[主な展示作品]

橋本関雪 《休息》1907年、日露戦争従軍記念絵画展

橋本関雪 《猟》1915年、第9回文展

堂本印象 《木華開耶媛》1929年、第10回帝展

堂本印象 《爽籟高清》1940年、第3回東丘社展 

(出品作品が決定次第、展示作品情報を更新します)


[会場] 白沙村荘 橋本関雪記念館 主催 公益財団法人 橋本関雪記念館、京都府立 堂本印象美術館、京都新聞

[会期] 2017年11月18日(土)~12月24日(日) (会期中無休)

[開館時間] 10時~17時

[入館料] 一般1500円、学生700円 高校生以下無料

※美術館、庭園のみの入館は現在受け付けておりません。

※同伴者付きの場合のみ未就学児見学可能。

※団体割引なし

 

 

[お問い合わせ]

白沙村荘 橋本関雪記念館

〒606-8406 京都市左京区浄土寺石橋町37

TEL:075-751-0446  FAX:075-751-0448

http://www.hakusasonso.jp/

 

※ 画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

開催期間 2017.11.18 - 12.24
時間 10:00 - 17:00
主催 公益財団法人 橋本関雪記念館、京都府立 堂本印象美術館、京都新聞社

一覧へ戻る

開催中・開催予定の企画展

過去の企画展

Blog

pagetop