1. 白沙村荘 橋本関雪美術館
  2. Blog
  3. 白沙村荘 橋本関雪記念館春季展 関雪夫妻ゆかりの茶道具

Blog

2015/03/06(金)

お知らせ

白沙村荘 橋本関雪記念館春季展 関雪夫妻ゆかりの茶道具

2015年度の白沙村荘 橋本関雪記念館春季展は、関雪の没後70年を記念致しまして恒例の茶道具類展示を展示致します。新美術館開館後初の春季展となり、合計3室での幅広い展示が行われています。展示作品は以下の通り。

【第1展示室】 関雪作品と蒐集品

・月下静波図(絹本着彩軸装、1943) ・達磨大師図(紙本淡彩軸装、1902) ・松泉清聴図(関雪祖父、文水筆:絹本着彩軸装、江戸期) ・配所(紙本着彩6曲屏風1901) ・観世音菩薩像(紙本淡彩軸装、1933) ・関雪絶筆和歌(紙本軸装、1945) ・蓮花観音像(絹本墨彩軸装、1933) ・朧夜(絹本着彩軸装、1939) ・山中花開(紙本淡彩軸装、1920) ・緋桃白鵞図(絹本着彩軸装、1924) ・山水図初公開:曽我蕭白筆:紙本2曲1双屏風、江戸期) ・牡丹花図(紙本軸装、1943) ・古大津絵涅槃図(紙本軸装、江戸期) ・不離心帖題字初公開:東伏見宮邦英伯筆:紙本軸装、1933) ・達磨大師立像(一木造:年代不明) ・飛天図丸釜(関雪図案・大西浄長作:1933) ・富士図芦屋釜初公開:関雪図案・三代儀兵衛作:1925) ・関雪使用印12顆 ・梟のアンフォラ(紀元前5世紀) ・対聯(羅振玉筆:紙本額装、1916) ・中隠扁額(木額、1919) ・隠居放言扁額(呉昌碩筆) ・獨坐扁額(王右丞の詩より) ・雁図(画稿)


【第2展示室】 関雪の画稿類

・迷彩初公開:画稿) ・花売り初公開:未完成稿)・波に燕 ・蝋梅に四十雀 ・秋桜老猿(画稿) ・猫と蟷螂(画稿) ・秋圃(画稿) ・雉(画稿) ・妓生図(画稿) ・カワセミ(着彩スケッチ) ・海魚(スケッチ) ・戎船(スケッチ) ・海関翁(スケッチ) ・後醍醐帝小草稿巻 ・寂光図小草稿巻 ・牡丹花と写生風景(スケッチ) ・異見王、達磨を送る(画稿) ・牛図(スケッチ) ・山村風景(スケッチ) ・鷺(スケッチ) ・長恨歌 第1景(画稿)

・白描源氏物語五十四帖貼交屏風期間限定公開 3/22まで:江戸期)

 

【第3展示室】 夫妻ゆかりの茶道具

・関雪、海関印捺桐四方盆 ・よね遺墨写中棗”露”(中村宗哲作) ・よね遺墨写利休棗”夢”(中村宗哲作) ・よね遺墨写袱紗 ・関雪手削茶杓 銘”沙羅椿” ・竹図緑釉巾筒 ・壷々図黄釉巾筒 ・竹製朱竹図棗 ・よね手造 赤樂蓋置 ・よね手造 緑釉蓋置 ・よね手造 関雪絵付白樂茶碗 銘”薫風” ・よね手造 関雪絵付白樂茶碗 銘”春霞” ・織部釉大文字絵付皿 ・伊羅保釉菓子鉢(華中亭道八作) ・関雪絵付茶碗 ”雨過一天清” ・呉須手竹図菓子鉢 ・関雪手造、絵付鉄釉銘々皿各種 ・哲学の道 関雪桜の詩碑 建立願い書

※作名の無い陶器はおおよそ清水六兵衛窯の作と思われる

 

展示点数は大小合わせて約65点。展示空間が広くなった分だけたくさんの点数が出るようになりました。3室合わせてお楽しみ下されば幸いに存じます。

 

 


一覧へ戻る

Blog

pagetop